CHECK

失敗しない注文住宅!初心者がおさえておきたいメリットや基礎知識を詳しく解説

当サイトでは失敗しない注文住宅作りのために、初心者がおさえておきたいメリットや基礎知識を詳しく解説しています。
買主の希望に合わせたオーダーメイドの家を建てたい場合には、慎重に計画を進めるのがおすすめです。
注文建築の住宅で重要になることの1つには、土地の選び方が挙げられるでしょう。
さらに周辺の住環境をチェックすることも注文建築の住宅を建てる際には大切になります。
これらは、長く安心して暮らせる家を建てるためにも重要です。

失敗しない注文住宅!初心者がおさえておきたいメリットや基礎知識を詳しく解説

こだわりの希望を伝えて、他にはないオンリーワンの家を建てたい人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には、まず注文住宅を建てる際の基礎から押さえておくのがおすすめです。
注文住宅のメリットといえば、希望に合う間取りや建材を取り入れて家を建てられることでしょう。
一般的に注文住宅を建てるときには、住宅メーカーや工務店などに依頼します。
自由度が建売よりも高いですが法律の規制や制約があり、極端な家は建てられないこともあります。

日本の注文住宅で最も一般的な木造建築

古代のヨーロッパでは石の建築が主流でしたが、日本では木造建築が盛んでした。
現在の住宅も木造建築が一般的で、注文住宅も木造が多いです。
注文住宅の選択肢としては、木造軸組工法とツーバイフォー、ログハウスがあります。
木造軸組工法は角材を柱と梁にして建物の骨組みとする方法です。
設計の自由度が高い点、増改築がしやすい点から注文住宅でも主流です。
他の工法と比べて耐震性が低いところがデメリットです。
ツーバイフォーは、構造で製造した木製のパネルを壁と床、天井にするものです。
面で建物全体を支えるため、耐震性が高いです。
しかし増改築は難しく、注文住宅でも間取りの自由度は低いです。
強度と断熱性能が高い割に、低コストなのが魅力です。
ログハウスは加工した丸太を組み上げる構造です。
火事に弱いと思われがちですが、表面が炭化するだけで中まで燃え進むのには時間がかかります。
一度火がついたら一気に燃えてしまうわけではありません。
耐熱性や耐震性も低くありません。
木を大量に使うため、シンプルな外見ながら高コストです。

注文住宅でありがちな失敗の事例とは?

注文住宅を建てる際のありがちな失敗事例はいくかありますが、もっとも多いものが収納に関するものといわれています。
家をデザインする際には、どうしても間取りや動線に気をとられがちですが、住んでみてから気付くことが多いのが荷物がおさまりきらないということなのです。
注文住宅をはじめ、新居に住むのは結婚したばかりや、子供が小さいうちが多く、家に住んでから子供が増えるパターンや、子供が多くなるにつれて荷物が増えるパターンが多くあります。
子供が大きくなったり、増えたりすれば当然それだけで荷物が増えます。
たとえば夏になれば冬物をしまうスペースが必要となります。
冬物だけでも、コートをはじめとする衣類があり、また羽毛布団やストーブや加湿器などといったかさばるものもあります。
それだけではなく、雛人形や兜などといった年に数日しか使わない大きな荷物もあります。
そのため、家を建てる際には少し多めに収納を用意するとよいでしょう。

注文住宅の土地選びで把握しておきたいこと

注文住宅の土地選びで把握しておきたいのは、予算を決めること・条件に優先順位をつけることの2つで、まずは土地にどれくらいの費用をかけられるのか予算を決定することが大切になってきます。
予算決めのポイントは、最大限出せる金額ではなく建物分の予算を引いた額にするということで、より確実に決めるためにはハウスメーカーにあらかじめ相談しておくことで土地購入後に建物を建てる資金が足りなくなるリスクを回避することができます。
また、土地を探しやすくできるよう条件に優先順位をつけることもポイントで、土地の広さ・エリア・駅までの距離・学区やスーパーなどの周辺環境・日当たりなど、あらゆる条件から自分や家族にとってどれが欠かせないものなのか優先順位を決定することで、その人に適した土地を選びやすくなります。
注文住宅における土地選びで最優先にするべきなのはコストの面で、予算を超えた土地を購入したところで住まいの計画が予定通りにいかなくなるケースもあるため、コストを第一優先に検討することが大切になってきます。

注文住宅の工法や構造の種類やメリット

自由設計の注文住宅であれば、建物全体のタイプから室内の間取りやインテリア、そして門塀や駐車スペースといった外構部分に至るまで、施主さんの要望が反映されやすいと言えます。
もちろんその要望にふさわしい工法や構造を、注文住宅に採用することも可能です。
例えば日本の伝統的な木造建築を希望するなら、在来工法と呼ばれる木造軸組工法を採用するのが一般的。
この工法では基礎の上に木材の柱や梁を組み上げて、筋交いや火打ちで補強していきます。
間取りなど設計の自由度が高いことに加え、優れた耐久性や耐震性を実現できる点に、主なメリットがあります。
同じ木造建築であっても、ツーバイフォー工法のように、北米を発祥とする外来の工法もあります。
これは2×4インチの角材と合板のパネルで床や壁そして天井を組み立て、六面体の空間を作り上げていく工法です。
六面体のモノコック構造で耐震性に優れる上、あらかじめ工場で大量生産された既製建材を使用するため、工期の短縮化や建築コストの軽減にメリットがあります。
中高層建築にしたい、間口を大きく取りたい、耐震性や遮音性に優れた頑丈な住まいが欲しい、こんな注文住宅を求めるなら、鉄筋コンクリート造が最適です。
鉄筋の周囲にコンクリートを流し込みながら、柱や壁そして床や天井を作り上げるため、中高層建築や間口の広い住まいでも耐久性に優れる上、高い耐震性や遮音性も期待できます。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅のススメ!

当サイトでは失敗しない注文住宅作りのために、初心者がおさえておきたいメリットや基礎知識を詳しく解説しています。
買主の希望に合わせたオーダーメイドの家を建てたい場合には、慎重に計画を進めるのがおすすめです。
注文建築の住宅で重要になることの1つには、土地の選び方が挙げられるでしょう。
さらに周辺の住環境をチェックすることも注文建築の住宅を建てる際には大切になります。
これらは、長く安心して暮らせる家を建てるためにも重要です。

Search